100個分

しじみに対しての歴史

しじみは昔から食べられていて、古来の貝塚からも発見されていることから縄文時代にはよく食べられていたようです。
そしてこの食材は1年中食べられる食材であることから昔の人たちは四時美などと呼んでいたそうです。
最近はスーパーでやまと蜆などと書いてあるのを見ると四時美と書かれていること無いので蜆という表記になったようですね。

そして疲労回復にもよく効く食材であることから、1年中食べられていますが夏は夏バテ防止として食べられてきました。
またうなぎと同じようにスタミナ食材として見られているので土用の蜆などと呼ばれ冬は冬蜆などと親しまれてきました。
料理としても様々な料理に使いやすい上に更にあのあさりよりも全ての栄養素が上回っているので、とても人気のある食材です。

その栄養素は一見すると、あさりの方が大きいため栄養も少なそうに見えるのですがあさりの2倍は栄養素がありますのですごい食材と言えますね。
また昔の人はしじみをごく日常的に食べていたために肝臓や疲労回復に効くため現代人よりもはるかにスタミナがあったと言えるでしょう。
このようにしじみは多くの人間に愛されている食材ですからできるだけ食べるようにしたいものですね。